ACEBEAM E70 XHP70.2(6,500K)モデル レビュー

ACEBEAM E70
二重螺旋と黒に青の差し色のデザインで一瞬Olightっぽいと思ってしまいますが。
Olightとはまた違った魅力のある複雑な造形のBODYです。
21700バッテリー搭載で最大4600ルーメン出せるライトにしてはかなりコンパクトだと思います。
私が購入したものは「6,500K」のモデルですが。
他にも素材違い(チタン、ステンレス、真鍮、銅)やLED違い(5000K、高演色4500K)等、好みに応じて選べるのは、ACEBEAMすげーなと関心してしまいます。

ACEBEAM E70 基本スペック

最大照射距離 240m
最大明るさ 4600lumens
光束 14,400カンデラ
搭載LED Cree XHP70.2(6,500K)
重量 約102g (電池含まず)
バッテリー 21700
モード
  • モード1(Turbo):4600ルーメン(1時間30分)/ 14,400カンデラ / 240m照射
  • モード2(Hi):1300ルーメン(1時間45分)/ 3,600カンデラ / 120m照射
  • モード3(Mid2):650ルーメン(4時間)/ 1,600カンデラ / 80m照射
  • モード4(Mid1):180ルーメン(13時間)/ 625カンデラ / 50m照射
  • モード5(Low):50ルーメン(50時間)
  • モード6(Moonlight):1ルーメン(11日)
  • モード7(Strobe):1650ルーメン(2時間30分)
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70

ボディーは2重構造になっており、外側にはスリットとナーリングがあり、まったく滑りません!
かなりしっかりグリップ出来ます。
インナーチューブはブルーでピッコロさんの腕のような模様が見えています。

ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70

表面はマットなHAIIIハードアルマイトコーティングで高級感もあり、複雑な造形と相まって満足感はめっちゃ高いです。
スイッチはテールのみで、ストロークの浅い電子スイッチです。
点灯はダブルクリックになります。
どちらかと言うとメカニカルな「カッチッ」ってなるスイッチの方が好きです、無駄にオンオフしたくなりますし、ライト毎に微妙に異なる音を耳元で「カッチッ」って聞いたりするのも好きです。(えっ、皆さんそうですよね?^^;)

ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70

バッテリーは21700の5100mAでUSB-Cを直接挿して充電出来ます。

ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70
ACEBEAM E70

めちゃくちゃデカイLED(XHP70.2)ですね。
付属品は写真の通りです、ケースは巾着で、無いよりはマシですが、私はOlightのM2R PROに付いてたものを使用しています。

  距離5m 距離10m 距離15m
中心光(直径) 2.15m 4.3m 6.4m
周辺光(直径) 6m 12m 18m

中心光は極太です、というかほぼスポットが無いような広がり方に見えます、近距離から中距離を広く照射するのに特化しております。
周辺光はいくつかありますが、比較的明るめの周辺光を図っています。

ACEBEAM E70
ACEBEAM E70の照射イメージ

ACEBEAM E70
ACEBEAM E70の照射イメージ

デザインについての考察

ACEBEAM E70
このヘッド部分の造形、丸い穴は深さがそれぞれ違います、小さい穴は浅く、大きい穴は深くなっているようです。
海外のフォーラムでは縦長の溝にトリチウム管を埋め込んだりされているようです。
ACEBEAM E70
そして、ボディーの造形、インナーチューブが見えているスリットの角は少し面取りされていて、ナーリングの部分は角が立っています、すごく手に馴染むし見た目にも美しく秀逸なデザインです。
ACEBEAM E70
テール部分の造形、山と谷が3つずつあり、アウターチューブと2段に重なる複雑なデザインで、ぞくぞくします。
3つの山の部分にある穴はクリップ用のネジ穴が2箇所、ストラップ用の大きめの穴が1箇所あって、クリップはお好みで2箇所を選べるようです。
ボディーからテールにかけて若干段差があるので、注射器持ちも可能です!

見れば見るほど考えつくされた複雑なデザイン。。。圧巻です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA