Olight S1R BATON II レビュー

親指サイズながら最高出力1000ルーメンを誇る、最強EDCライト、Olight S1R BATON IIのレビューです。

Olight S1R BATON II
Olight S1R BATON II

EDCしたレビューです。

基本スペック

最大照射距離 145メートル
最大明るさ 1000ルーメン
光束 5250カンデラ
重量 51g(バッテリー込み)
LED 高品質LED Cool White
バッテリー 550mAh IMR16340
防水性能 IPX8
耐衝撃 高さ1.5m
モード
  • モード1-1000ルーメン/1.5分間 → 300 ルーメン/37分間
  • モード2-600ルーメン/1.5分間 → 300 ルーメン/45分間
  • モード3-60ルーメン/3時間40分間
  • モード4-12ルーメン/20時間
  • モード5-0.5ルーメン/8日間
Olight S1R BATON II
Olight S1R BATON II

外観・仕上げ

WARRIOR X」でOlight製品の美しさに惚れ、WEBサイトで色々見てるウチに欲しくなって購入してしまいました。
購入時に買っても使うかなー、使うことなんて絶対無いよな〜と思いつつも
たまたまセールで20%OFFになってたのもあり、つい買ってしまう程魅力的でした。
やはりOlightの仕上げは完璧と言っても差し支え無いのでは無いでしょうか。
Olight製品共通のアクセントに使われるメタリックブルーが綺麗で、手に持って眺めてるだけでもうっとりしてしまいます。
指先で回せるサイズの「Olight S1R BATON II」は特にそうだと思います。
一時期流行ったハンドスピナーより落ち着き効果があるのではないでしょうか?

Olight S1R BATON II
Olight S1R BATON II

操作性

ボタンはサイドスイッチ一つだけで。
クリックで点灯、もう一度クリックで消灯。
点灯後、長押しでモード切り替え。
消灯時、点灯時共にダブルクリックでターボモードです。
操作性が良いとは思いませんが、ボタン一つならこれが限界でしょう。
操作性にに不満はありません。

本体が軽いので底面のマグネットで鉄にくっつき、いざと言うとき結構役に立ったことがあります。
例えば、部屋は明るくてもTVの裏面を作業したいときや、暗い場所で自転車の簡単な整備をしなければならない時など
ポケットに入っていてよかったと思った時が何度かがありました。

Olight S1R BATON II
Olight S1R BATON II

充電はもちろん、Olightのマグネット充電器が使えるので、私の持っている
「S1R Baton2」「WARRIOR X」「M2R Pro Warrior」「Warrior X Pro」等Olight製品共通で使用出来て
大変便利です。

光の飛び方・色

Olight S1R BATON II
Olight S1R BATON II
  距離5m 距離10m 距離15m
中心光(直径) 2m 4m 6m
周辺光(直径) 10m 20m 30m

光の色は白で、中心光は5m先で約2m、手持ちのフラッシュライトの中で最大のスポットです。
このライトを自転車ライト等、長時間点灯するような使い方や、
長距離を照らす使い方をする方は少ないかと思いますので、
最大照射距離は短くてもスポットを太くする配光にしたのでしょう。
周辺光はかなり薄く広いので目視ではあまりわかりません。
Olight S1R BATON II


地上からの高さ約1mから前方1〜2mの距離を照らした場合は下記のようになります。
Olight S1R BATON II


高さ3cmの高さから照らした写真です、周辺光は綺麗な円形ですが、広すぎて境界はわかりません。

S1R Baton2

まとめ総評

・ポケットに入れていても忘れてしまう程の軽さと小ささ。
・かつイザという時には役に立つ存在。
・手に持って触って眺めているだけで満足できる仕上げの良さ。
「Olight S1R BATON II」は使うか使わないかではなく、もっているだけでも満足できるのでは無いでしょうか。

Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA