HELLE FIRE を研ぐ

以前ご紹介したHELLE FIRE

ハーフタングなので小さい薪ならバトニングもできるし、小型で扱いやすいのですが、
フェザースティック作りはイマイチだったので、ベベルラインを高い位置から研ぎました。

使った砥石は
・ダイヤモンド砥石
・刃の黒幕 1000番
・刃の黒幕 2000番
・刃の黒幕 5000番
・革砥ストロップ
です。

まずはダイヤモンド砥石でゴリゴリ削っていきます。
HELLE FIREの鋼材は三層鋼で、外側はステンレス、中は炭素鋼の硬度58-59との事。
ベベルラインを数ミリ上げただけですが、外は柔らかいので、ダイヤモンド砥石であっという間に削れました。

そこから上記の順番で綺麗に仕上げることができます。

結果、フェザーめっちゃ作りやすくなりました!
握りやすいハンドルと、短いブレードでフェザー作りに最適なナイフとなってくれました。

helle fire
helle fire
helle fire
helle fire
helle fire
helle fire
helle fire
helle fire
helle fire
helle fire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA