真夜中のマリオネット 一言感想文

序盤「うわー、なんやこいつ、きもいしむかつくなー絶対犯人やろ。」
中盤「あれ・・・そうでも無いのかな・・・、いやいや信用したらアカン、こいつ嫌いやし。」
終盤「そうやったんかー、かわいそうになー。」
ラスト「・・・・・。」
多分作者の思惑通りに心を動かされたんでしょうね・・・まさにマリオネット。

しかし

「いや、そうはならんやろ」「最初からちゃんと言っとけば…」「あれは何やったんや…」等
納得行かない部分も多いし、ラストも好きな終わり方ではないです。

同じ作者さんの「硝子の塔の殺人」の方が好きかな。

真夜中のマリオネット
真夜中のマリオネット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA