フリーランスWEBクリエイターの仕事の取り方

フリーランスWEBクリエイターで仕事を取っていく上で
一番確実なのは、知り合いからの紹介です。

自身のWEBや
クライドワーク等もあると思いますが。

自身のWEBからの集客の場合

アイミツを取っている場合が多いです、先方まで打ち合わせに行ったけど、アイミツで負けて
交通費は自己負担。
なんて事はよくあります。

クライドワークス等の活用

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラ等ありますが。
こちらを活用する人の共通点は
「安く上げたい」
と言う事です。
かと言って品質に妥協してくれるわけではありません。
安いけど良いものがほしいと言う、ちょっとワガママな人が圧倒的に多いです。
これらで問題なく案件をこなせるようになるとスキルアップするのも事実ですが。
単価が安いので、自身のスキルに見合った価格を提示して、合わない場合は卒業するのが良いでしょう。

WEB制作会社に連絡しまくる

仕事があっても手が足りてないWEB制作会社はたくさんあります。
片っ端からメールして、自身を売り込み。
仕事を分けてもらうのも一つの方法です。
最初は安くても、信頼を付けていけば良いお仕事も紹介してもらえるでしょう。

案件紹介サイトの活用

フリーランスとしての実力がついてきたら下記のようなフリーランス向けの案件紹介サイトを活用するのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA